サーボモータとサーボアンプ

お客様からの引合いで富士電機のサーボアンプの更新の依頼が2件つづきました。

サーボアンプの場合、モーターも専用になるのでモデルチェンジ後のサーボアンプのみの

交換は難しくなります。また、モデルチェンジしてもし完全互換性のものも少なく

取付け方法や配線も異なってくる場合もあります。


今回は富士電機のESシリーズの更新依頼でした。最新の富士電機のα7シリーズにするには

上位のPLCからの指令方法など注視する必要があります。今回はアナログ信号で速度調整して

起動停止は接点でのやりとりなので制御配線の互換はとれました。しかし、サーボモータが

ESシリーズにあった減速機が社外品になってしまうとのこと。減速機の選定と取付け方法も

異なるので注意が必要です。